TOP > シミの治療はまずその種類を診断することから始めます

シミの治療はまずその種類を診断することから始めます

シミになる原因はいろいろあります。

多くの人が経験するものに日焼けをしたらシミが増えたというものがあります。
日焼けは、シミができやすくなる原因の一つです。

日焼けをすると、細胞内にメラニン色素が増えます。メラニン色素が集中した部分は茶褐色となり、シミになります。

不動産投資のブログをしたいと言う願いにお答えするサイトです。

また、加齢によるものや、そばかす、肝斑などもあります。



治療は、まずどの種類のものかを診断するところから始まります。
それぞれで、効果のある治療方法が異なる場合があるからです。


最近の治療方法には、内服薬や塗布薬を使用するほかに、レーザーやフォトフェイシャル、ケミカルピーリングやイオン導入など、さまざまな方法があります。
レーザーを使用する方法は、レーザーによってメラニン色素をなくします。
レーザは黒い色に反応する特殊なものを使用します。


レーザーの熱によって、メラニン色素を破壊するのです。


フォトフェイシャルは、特殊な光を肌に照射します。すると、メラニン色素の排出が促されます。


また、コラーゲンの生成なども促進されるため、肌の新陳代謝がより活発になることでメラニン色素の排出をさらに早めます。

ケミカルピーリングとは、酸を使用して、肌表面を溶かし、新陳代謝を促し、シミをなくす方法です。



イオン導入は、他の方法と併用されることも多い方法です。
さまざまな肌に良い成分を、肌の深層部にまで送ることができる方法です。

これらの治療は美容皮膚科や美容外科などで行われています。